記事投稿画面のエディタ部分(本文を入力する部分)は、初期設定では記事の見た目そのままに近い表示がされる「HTMLエディタ」になっています。


HTMLエディタについて

HTMLエディタは、HTMLタグを知らなくても見たまま文字装飾や画像を貼り付けたり、
文字にリンクをはることができます。

≪確認方法≫
ブログ設定投稿設定で確認できます。
htmlエディタ1


右上のHTMLタグ編集をクリックすると、HTMLタグを直接編集できる画面に
切り替えることができます。
htmlエディタ2

シンプルエディタについて

HTMLやCSSを編集して投稿したい方は、タグ編集ができる
「シンプルエディタ」をご利用ください。
ブログ設定投稿設定でエディタの切替を行えます。

シンプルエディタ

シンプルエディタを選択した場合、以下のようなオプションを選択できます。

  • 改行を反映する…エディタ内での改行を<br />の改行タグとして反映させるため、改行のたびにタグを打つ必要がなくなります。
  • URLを自動リンクする
  • HTMLをエスケープする…記事内にHTMLタグを記述しても、タグとして反映せず文字列として表示されます。
  • Wiki文法(はてな互換)を使う…Wikiで使われる文法で記事を書くことができます。こちらの詳細はwiki文法で記事を書くをご覧ください。