独自タグ「<IfFirstArticle>」を利用したカスタマイズ方法を紹介します。

<IfFirstArticle> とは

最初に表示される記事に限定してレイアウトを適用させます。
個別記事ページ以外の、「トップページ」「カテゴリアーカイブ」「月別アーカイブ」ページで利用できます。

使い方

挿入できる場所は、<IndexArticlesLoop>~</IndexArticlesLoop>の間です。 (カテゴリアーカイブ、月別アーカイブの場合はそれぞれ<CategorizedArticlesLoop>、<MonthlyArticlesLoop>になります)

適用させたい場所に「<IfFirstArticle>内容</IfFirstArticle>」を記述します。 このタグは変数タイプのタグではなく、条件分岐タイプのタグなので、開始タグと終了タグが必要になります。

使用例

1.バナーを掲載する

例:「ブログランキング」への誘導バナーを掲載 ※同様に文章や広告を掲載できます。



IfFirstArticle_title1

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

IfFirstArticle_banner2

<IfFirstArticle>
<a href="http://blog.livedoor.com/ranking/"><img src="http://blog.livedoor.com/img/ads/blogranking.gif" alt="ブログランキング乙"></a>
</IfFirstArticle>

2.記事タイトルの文字表現を変える

例:最初の記事のタイトルを大きくして赤文字にする。

IfFirstArticle_title1

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

IfFirstArticle_title2

<a href="<$ArticlePermalink$>" rel="bookmark">
 <IfFirstArticle><span style="font-size:150%; color:red;"><$ArticleTitle ESCAPE$></span></IfFirstArticle>
</a>