こちらは非表示にすることができます。

なお、デザインをカスタマイズすることにより削除が可能です