カスタムURL機能を使って記事ページ・アーカイブページのURLをカスタマイズすることができますが、個別記事のURL形式には、日付や記事タイトルのほか「カテゴリ名」や「カテゴリURL」も含むことができます。

以下にこれらの工夫した使い方の例を紹介しますので、お役立て下さい。

例1

記事に「レシピ」というカテゴリを1つ付けており、そのカテゴリ名を記事URLに反映させたい

URL形式

{$CATEGORY1_NAME$}/{$ARTICLE_ID$}.html

出力されるURL

レシピ/12345678.html

もっともベーシックな使用例です。

例2

記事に「レシピ」というカテゴリを1つ付けており、そのカテゴリ名を記事URLに反映させたい。
しかし日本語をURLに含みたくないため、任意の英字にしたい。

URL形式

{$CATEGORY1_URL$}/{$ARTICLE_ID$}.html

出力されるURLの例

recipe/12345678.html

ここの{$CATEGORY1_URL$}で出力されるカテゴリURL(recipe)は、「カテゴリ設定」で入力した文字列です。

カテゴリ名は「レシピ」、カテゴリURLを「recipe」と設定しておくことでこのようなURL形式を実現しています。

58

この設定のとき、「料理」カテゴリのアーカイブのURLは

http://ブログURL/recipe
となっています。

カテゴリアーカイブのURLに含んだ文字列は全て出力されるので、通常のURL形式で用いる「.html」などの文字列を使用すると、個別記事は

http://ブログURL/recipe.html/12345678.html
といったURLになってしまいます。

「.html」のような文字列が記事URLに含まれてもエラーなどの問題は起きませんが、このようにカテゴリURLを用いる場合は「.html」のような文字列は避けることをお勧めします。

記事によってカテゴリ数が異なる場合

例1・2はカテゴリが1つの場合ですが、2つカテゴリをつけている場合や、記事によってカテゴリの数が異なる場合があります。

このような場合は、URL形式・カテゴリURLの設定を工夫することで対応可能です。

通常通りURLの区切りを表す / (スラッシュ)をURL形式側で設定することにし、

{$CATEGORY1_URL$}/{$CATEGORY2_URL$}/{$ARTICLE_ID$}.html

とした場合、カテゴリが1つの記事では

recipe//12345678.html

というURLになってしまいます。

カテゴリの数が異なる記事への対応は、URL形式を / なしにしてカテゴリURL側に / を含んでおくことで可能です。

カテゴリURLの末尾に以下のように / を付けて

  • receipe/
  • fish/

としておき、

URL形式を

{$CATEGORY1_URL$}{$CATEGORY2_URL$}{$ARTICLE_ID$}.html

とすることで、カテゴリがひとつの場合は

recipe/12345678.html

カテゴリがふたつの場合は

recipe/fish/12345678.html

といったURLになります。